発毛剤と育毛剤の違いとは?

発毛剤と育毛剤の違いとは?

抜け毛や薄毛の対策として発毛、育毛という言葉をよく聞きますが、発毛と育毛の違いは何でしょうか。また発毛剤と育毛剤の違いとはどのようなものなのでしょうか?違いを知って、抜け毛や薄毛の改善に役立てましょう。

発毛と育毛、発毛剤と育毛剤の違い

抜け毛や薄毛で悩んでいるという場合、ドラッグストアなどで市販されている育毛剤や発毛剤などを使用することになるでしょう。しかし、育毛と発毛はどのように違うのかについてはっきり分からないという人も多いかもしれません。最近ではさまざまな育毛剤や発毛剤が登場してきており、男性向けの製品だけでなく女性向けのものなども注目を集めています。育毛剤と発毛剤は薬事法によって区別されているわけではなく、有効成分や効果などによってそれぞれの名称がつけられています。まず育毛というのは、今生えている髪をしっかりと育てることを言います。育毛剤なら脱毛を予防したり、フケやかゆみを抑えて丈夫な髪を育てたりする効果がありますし、頭皮環境を整えることで薄毛部分からの発毛効果も期待できるでしょう。発毛はさまざまな原因により髪が無くなってしまった状態から髪の毛を増やすことであり、完全に毛が無くなってしまった人でも再び髪を取り戻せる可能性があります。発毛剤を使えば毛髪の司令塔である毛母細胞の働きを活性化させることができますし、休止期の毛根から発毛させることができます。また、養毛剤という製品もあるのですが、これは髪の毛や頭皮に栄養を届けることにより、髪の毛の健康を維持するという目的があります。また、髪の毛や頭皮に適度な油分と水分を与えることで髪を保護する効果や、ダメージを修復する効果なども期待できます。育毛と発毛は髪や頭皮に与える作用が異なっており、このような製品を使用する場合には自身の髪や頭皮の状態に合わせて選んでいくと良いでしょう。また、どのような製品が良いのか分からないという場合、病院で医師に相談してみるのもオススメです。